SAAJ近畿支部第193回定例研究会のご案内
日本システム監査人協会会員各位
ISACA大阪支部会員各位
認定NPO法人
日本システム監査人協会近畿支部
第193回定例研究会開催のご案内

会員の皆様にはますますご健勝のことと存じます。
さて、日本システム監査人協会近畿支部の定例研究会を下記要領にて開催いたしますのでご案内申し上げます。

1.日時 2022年1月21日(金)19:00〜20:30
※支部総会に引き続いての開催となります。
2.場所 ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
5階セミナー室2
http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター
電話:06−6910−8500
京阪電鉄・地下鉄 天満橋駅より 東へ350m
3.テーマ

「保証型システム監査
〜 システム監査、時代の流れは「助言型」から「保証型」へ 〜」

概要
  これまで、システム監査は、主に「助言型システム監査」で、情報システムの成熟度を高めるために実施されきました。一方、デジタル技術の革新により、高度情報通信ネットワークを通じて多様な情報システムの構築がなされています。これにより官民一体となったデジタル社会が形成されるようになり、情報システムの安全性や信頼性、効率性の客観的評価を外部に向けて表明することが求められるようになってきました。
NPO法人情報システム監査普及機構(J-AISA)では、2010年より自由かつ安全なデジタル社会の実現に向け保証型システム監査の普及啓蒙を図る活動を行っています。その活動の成果として「保証型システム監査の実践」テキストを作成しました。この内容を踏まえて、保証型システム監査のポイントをお話させていただきます。
(HP:https://j-aisa.jp/ 特定非営利活動法人情報システム監査普及機構)
講師
 NPO情報システム監査普及機構 理事
NPO日本システム監査人協会 近畿支部 監事
システム監査学会 理事
浦上 豊蔵 様
4. 参加費

日本システム監査人協会会員 1,000円
ISACA大阪支部会員   1,000円
両協会の会員以外の方    3,000円

5.新型コロナウイルス感染予防のためのお願い
 

(1)会場での3密を避けるため、今回の定員は35名といたします。
(2)研究会後の情報交換会は開催いたしません。
(3)当日、ご参加される方はマスクの着用をお願いいたします。
(4)受付時に手指の消毒にご協力ください。

6.講演資料について(★重要事項★)
 
資料は、事前にダウンロードできるように致しますので、各自で印刷してご持参下さい。参加申込みをして頂きますと、受付案内メールをお送りしますが、その中にダウンロードに関する情報を記載しております。
ダウンロードは、下記の締切日までに可能となるように準備予定です。
7.参加方法  

個人情報に関する以下の点にご同意いただくことが必要です。
「同意する」をクリックすると参加申し込みフォーム(SSL対応)が表示されますので、お申込みください。
なお、メールでの申し込みは受け付けておりません。
申込締切:1月18日(火)
なお、締切日以前でも、ホームページからの申し込みで定員(35名)になれば、申し込み受付を終了します。


以上