第285回月例研究会 「ITガバナンスのアセスメント規格(JIS Q 38503)について」
                         のご案内(予告)

※終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。
認定NPO法人 日本システム監査人協会

2024年3月の第285回月例研究会についてご案内申し上げます。

※ Zoomウェビナーによるオンラインのみで開催します。

※ Peatixからお申し込みいただきます。
(準備中です。後日、このページにてご案内致します。)

  記
1. 日時 2024年3月11日(月曜日)18時30分〜20時30分
2. テーマ 「ITガバナンスのアセスメント規格(JIS Q 38503)について」
3. 講師

日本システム監査人協会
理事・ITアセスメント研究会主査 
松尾正行(まつお まさゆき)氏

4. 講演骨子 ISO/IEC 38503-2022(Assessment of the governance of IT)はISO/IEC 38500シリーズ規格のうち唯一のアセスメント規格として2022年1月発行された。これを受けてわが国ではJIS Q 38503(ITガバナンスのアセスメント)として発行予定である。
この規格は日本の提案に基づき、ISOで開発を進めたものである。ISOプロジェクトのCo-Editor及びJIS化委員会の幹事を務めた経験を踏まえ、ITガバナンスのアセスメントの原則ベースモデルとフレームワーク、アセスメントの手法と成熟度判定、他規格との関連、今後の動向などを解説する。
5. 参加費

SAAJ会員 1,000円 一般 3,000円
(参加費は、消費税を含みます)
非会員の方々もこの機会にご入会をご検討ください。
入会手続き中の方は、会員価格でご参加いただけます。
※入会申し込み

https://www.saaj.or.jp/nyukai/index.html

以上

(2023年9月26日)