第274回月例研究会 「デジタル社会を支えるトラストサービスのあり方」
                         のご案内(予告)

※終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。
認定NPO法人 日本システム監査人協会

2023年1月の第274回月例研究会についてご案内申し上げます。

※ Zoomウェビナーによるオンラインのみで開催します。

※ Peatixからお申し込みいただきます。
(準備中です。後日、このページにてご案内致します。)

  記
1. 日時 2023年1月19日(木曜日)18時30分〜20時30分
2. テーマ 「デジタル社会を支えるトラストサービスのあり方」
3. 講師

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
常務理事・デジタルトラスト評価センター長
山内 徹(やまうち とおる)氏

4. 講演骨子 デジタル社会(Society 5.0)の到来を目前に、テレワーク等を契機とした書面、押印、対面等の見直しが提唱される中、紙に親しんできた人々に安心感を与えるためには、インターネット上の情報の信頼(トラスト)の確保が不可欠である。
EUのeIDAS規則2.0及び欧州デジタルIDウォレットの動向等を踏まえ、
@情報の担い手の人や法人等が本物であること 及び
A情報が改ざんされていないことを保証する電子署名やeシールをはじめとしたトラストサービスに関する包括的な制度の必要性を論ずる。
5. 参加費

SAAJ会員 1,000円 非会員 3,000円
非会員の方々もこの機会にご入会をご検討ください。
入会手続き中の方は、会員価格でご参加いただけます。
※入会申し込み

https://www.saaj.or.jp/nyukai/index.html

以上

(2022年9月14日)